ランニング初心者フルマラソンへの道

ランニング初心者がフルマラソンへ出場できるようになるまでの練習法やランニング知識を実際の経験をもとにお伝えします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

世界陸上女子マラソン

■世界陸上女子マラソン





このブログを読んでいる方の中には世界陸上女子マラソンをテレビで観た方も多いのではないでしょうか。残念ながら日本人は赤羽選手の5位が最高順位でしたが、マラソンの駆け引きは実に面白いですね。ランニングをしているとやはりフルマラソンにも挑戦したいという強い意欲がでてきました(笑)


■フルマラソンの駆け引き


今回の女子マラソンは前半は「超」がつく程のスローペースでした。彼女たちにしてみれば、ジョギングに毛がはえた程度のペース。誰がいつどこで仕掛けるのかが最初の段階から注目されました。前半のスローペースは後半思うようにペースが上がらないという事がしばしばあります。

私はテレビでよくマラソン観戦するのですが、前半スローペースになるレースは実力ではトップの選手でも勝つことができないレースを何度も観ました。これは知らず知らずのうちに体が遅いペースに慣れてしまう為、途中で急にペースを上げようとしても体がついてこないようです。

最近ではペースメーカーを走らせて、一定のペースで走る事が多くなっていますが、ペースメーカーがいないレースでは選手間で様々な駆け引きが繰り広げられていて、とても面白いです。





■給水ポイントが明暗を分けた


今回の女子マラソンでの明暗は給水ポイントでした。トップ集団がある程度の人数で形成されている時は誰がいつしかけるのかを全員が意識している為、徐々にペースをあげるという手法ではなかなか引き離せないところがあります。今回のポイントである給水ポイントは給水ボトルを取って、水分を取るという余分な動きを利用して一気に引き離す作戦にでたケニア選手は見事だったと思います。

給水ポイントでトップ集団を引っ張っていたケニア選手は水分を取らずに、給水ポイントで他の選手が水分を摂取するタイミングで一気に引き離すことに成功しました。水分を摂取しながらスピードを上げる事は非常に難しいですし、水分摂取直後はペースが上げ辛いのでそのメリットを最大限に活かした作戦は見事でした。


■いつかはやってみたい






今回の世界陸上女子マラソンは非常に見応えがあり、レース内容としてもとても面白かったのですが、私の当面の目標はフルマラソンを4時間以内に完走することです。実際は周囲がどの様な走りをしようと、自分は自分のペースで走る事が重要です。

ですが、いつかは一緒に走るランナーと競いながら、駆け引きをしながら走ってみたいですね。大前提としてある程度の持久力やスピードを身につける必要はありますが(笑)ただ、競い合うことでよりマラソンの難しさや奥深さを経験できると思いますし、今後のランニングにも活かす事ができるようになると思います。

いつかは順位を気にしたレースに出場してみたいですp(^_^)q


管理人おすすめのランニング法
↓   ↓   ↓
兼子ただしの『伸びランニング』 ~走れば走るほど柔軟性が高まるランニング~

| 世界陸上2011 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://runningbeginner.blog.fc2.com/tb.php/77-7da266a4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。