ランニング初心者フルマラソンへの道

ランニング初心者がフルマラソンへ出場できるようになるまでの練習法やランニング知識を実際の経験をもとにお伝えします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ランニングに適したシューズを履く理由

■ランニングに適したシューズを履く理由


Running Shoes / jdn


ランニングを継続する上で重要なことは、「怪我をしない予防をする」ことです。ランニングを継続できていない方の半数以上は「足を痛めてしまうから」です。

ランニングをする際に経験者は「ランニングシューズを履くこと」を勧めますが、ランニングをこれから始める初心者の方は「始めのうちはスニーカーでいいか」とか、「継続できたらランニングシューズを買おう」とシューズを後回しにしてしまう傾向があるので、注意が必要です。


本格的に距離を伸ばしたい方はこちらがおすすめです
↓   ↓   ↓
兼子ただしの『伸びランニング』 ~走れば走るほど柔軟性が高まるランニング~

■なぜランニングシューズが大切なのか?

ランニングを始めた当初はとても熱心に走っている方が多いのですが、1週間もするとランニングができない状態になってしまうことがあります。このランニングができない状態になる多くが「足の怪我」によるものです。そして、熱心に走っていると言っても、走ることに対する知識も意欲もまだ弱いために簡単に諦めてしまうのです。

私にもこのような経験があります。私はランニングを始めて2回ほど継続できずに辞めてしまった経験があるのですが、ランニングを辞めてしまった大きな理由は「怪我」でした。特にランニングシューズを用意しておらず、適当な運動靴で走り始めたのですが、膝とふくらはぎを痛めて走れなくなりました。

そこで、次は失敗しまいと思い、3度目で要約ランニングシューズをあらかじめ購入してから走り出したところ、足が痛くなることがなく、「走ることが心地よい」と感じられるようになったのです。

ランニング初心者の方はできるだけ怪我や痛みが出ないように、また、万が一足に負担を感じても2〜3日休めば再び走れるようにしなければなりません。

そのため、足の怪我を予防するためにランニングシューズをあらかじめ購入しておくことが大切なのです。

■ランニング初心者の怪我はほとんどが足



ランニング初心者が傷めてしまう多くは「足」です。

ランニングを長年続けている人でも足を痛めてしまうことはあるのに、ランニング初心者の方がランニングシューズを履かずに走れば当然傷める確率は高くなります。例えば、野球でグローブがなく素手でボールを捕ろうとしているのと同じことです。

ランニングは固い地面を走ることになります。走り始めたばかりの足はとても弱く路面に対する衝撃を和らげることもなかなかできません。

ランニングシューズは、程よいクッション性能や体の傾きを抑えるなど足への負担を和らげる大切なものです。野球で言うグローブと同じですので、ランニング初心者の方も絶対にあらかじめ用意すべきものなのです。

また、当然ですがランニングシューズではなくテニスシューズやバスケットボールシューズなども怪我の元になりますので、必ずランニングシューズを履くようにして下さい。



本格的に距離を伸ばしたい方はこちらがおすすめです
↓   ↓   ↓
兼子ただしの『伸びランニング』 ~走れば走るほど柔軟性が高まるランニング~
関連記事

| シューズの選び方 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://runningbeginner.blog.fc2.com/tb.php/222-fe32e491

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。