ランニング初心者フルマラソンへの道

ランニング初心者がフルマラソンへ出場できるようになるまでの練習法やランニング知識を実際の経験をもとにお伝えします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

メーカー別ランニングシューズの特徴

■メーカー別ランニングシューズの特徴



ランニングシューズの選び方に関してはメーカーによっても違いがあります。

日本人向けに作られているシューズもあれば、軽量化に重点をおいているメーカーもありそれぞれ特徴があります。今回はメーカー別にランニングシューズの特徴を紹介します。

自分の足に合うランニングシューズを手に入れる為の参考にして頂ければと思います。



3,000円で受けられるインターネットパーソナルトレーニング

「はじめてのマラソン完走プロジェクト!」

本格的に距離を伸ばしたい方はこちらがおすすめです
↓   ↓   ↓
兼子ただしの『伸びランニング』 ~走れば走るほど柔軟性が高まるランニング~

■日本人向けのシューズメーカー

日本人の足の多くは扁平足であるという事を書きましたが、日本人向けにランニングシューズを開発し続けているメーカーもあります。代表的なメーカーは「アシックス」、「ミズノ」、「ニューバランス」ではないでしょうか。この3社のランニングシューズの特徴は、足幅が広く設計されている事です。

足の幅を表す記号として「E」と言う記号が使われます。通常の一般的なランニングシューズの幅は「2E」となります。2Eは多くのシューズの標準的な横幅のサイズで、お店でランニングシューズを見る際も多くが2Eの物になります。ところが、「アシックス」、「ミズノ」、「ニューバランス」は足幅が広いランナーの為に「4E」という大きさを用意しています。

■足幅のあったランニングシューズの重要性

ランニングシューズを選ぶ際に、試しばきをするわけですが試しばきをした際のチェック項目として「指先が靴の先端に当たっていない」という項目があります。それと同じ位重要な項目として、「足に圧迫感がない」という項目があります。

試しばきの状態で足に圧迫感があると、走った際には足のむくみが発生する為更に圧迫感を感じるようになり、足裏全体を使った走りができなくなります。また、足裏全体が使えないという事はパワーを伝える事もできなくなり、結果として走りに余計なバランス感覚と余計な力が必要になります。

こうなるとスタミナの現象が早くなる為、長い距離を走る事ができなくなりタイムも伸ばす事はできません。フルマラソンを最終目標とするランナーにとっては致命的になるので、足幅のあったランニングシューズを選ぶ事はとても重要な項目になります。




■4Eシューズまであると安心

足の甲の幅が普段から広いと感じている方は、できるだけ4Eサイズまで用意されているメーカーのランニングシューズを購入しましょう。「アシックス」、「ミズノ」、「ニューバランス」は元々日本人向けに開発がされているランニングシューズなので、日本人の足の甲の幅にフィットしやすいです。

足の甲の幅が広い方の場合、無理に2Eサイズのシューズで紐を緩めて履くのでは無く4Eサイズのシューズを購入してその日の足の状態にフィットする様に紐で調整する事をおすすめします。2Eではなく、ゆとりのある4Eでサイズ調整するという意識でランニングシューズを購入すれば失敗がなく足への負担も無くなり、結果として長い距離を走る事ができ、タイムも向上するので、シューズ選びは自分の足の形と正直に向き合って決めましょう。

次回以降メーカー別の特徴をお伝えします。

3,000円で受けられるインターネットパーソナルトレーニング

「はじめてのマラソン完走プロジェクト!」

本格的に距離を伸ばしたい方はこちらがおすすめです
↓   ↓   ↓
兼子ただしの『伸びランニング』 ~走れば走るほど柔軟性が高まるランニング~

| 足幅に合わせよう | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://runningbeginner.blog.fc2.com/tb.php/15-425f61a1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。